HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>想うコト

女の生き方

Picture 1
久しぶりに、The Devil wears Pradaを見ました。

ジャーナリズムを勉強して服にみじんも興味のない女の子が、
ファッション業界1と呼ばれる雑誌の編集長のアシスタントになるお話です。

こじぃは、原作を先に読んだので、
初めに映画館で見た時は、なんか細かいとことか省かれてて微妙って思ってんけど。

ではでは、ここから長いので、読みたくない人は、逃げて!!



今、こじぃの人生の分岐点の一つを迎えようとしてて、
ちょっと、考えさせられました。

20代も何年か過ぎ、やっと、人は生きていく上で
何かをあきらめなきゃいけないって言うのに気がついてきたこの頃。

女の子は、誰もが、面する時が来るのかも知れない。
自分のやりたいことと大切な人との将来。
少し妥協すれば、両方手に入れられるのかも。
こじぃは、そんなに器用じゃないけどねぇ。

そもそも、アメリカに来たのだって、ハリウッドで仕事がしたかったから。
今からでも遅くないけどねぇ。

でも、こじぃは、卒業したら日本に帰る事にしましたよ。

正直、半年くらいずっと迷ってたんやけど。
アメリカに残って、チャンスを掴もうとしようか、
サクラメントに戻ってアル君と落ち着いた生活をしようか、
日本に戻って、日本人としての社会人のあり方を学ぼうか。

んで、海外留学生の来年度の新卒採用も締め切り、正直間に合わないし、
このご時世、ワケの分からんメジャーで可能性にかけるのもどうかと思って、
ビザの事もあるし、アル君と結婚する話を進めようとしてたんです。

母には、前々から匂わせてはいたんですが、
あたしと共に育ったいとこができちゃった結婚して、
今、だんなと別居して実家に帰ってき、赤ちゃんが産まれたら速攻出すように
離婚届の用意をしています。
それを見て、母は不安になったっぽい。

『お母さんは、帰ってきて欲しいな』

物心のついた時から、お母さんの言う事なんか、
みじんもきかんとやりたい放題やってきたこじぃ。
中学生後半からは、母は言うても無駄やからと、
意見を言ってくることもありませんでした。
まぁ、それは、こじぃが自分でどうしたいかわかっていたからなのでしょう。

んで、今回。
こじぃは、自分でどうしたいかわからんかった。
アメリカでの就職も、日本での就職もこじぃには未知の世界。
今までで、一番こじぃに尽くしてくれる彼氏は、こじぃに残ってほしいと言っている。
しかし、こじぃは、今、彼と結婚していいのか迷っている。
もちろん、親の離婚を見て育ってきてるから、結婚が幸せいっぱいだとも、1度で済むともみじんも思ってないけど。でも、籍を入れるってのは、こじぃには、めっちゃ大きい事に感じて。

そんな時に、おかんにそのヒトコトを言われたら、もう、帰るしかないでしょう。

今の時点では、アル君は別れる気はないし、
あたしについて日本に来てもいいといってくれてる。
これは、非現実的なので聞かなかった事しときますが。
冬に日本に帰って、アル君とダメになったら、
あたしは、もう2度とアメリカでのチャンスはないかもしれない。
でも、母の思いを無視してこっちに残ったら、罪悪感で、一生涯後悔しそう。

女の生き方ってむずかしいな。
これから、死ぬまでにこういうチョイスがいくつもあるんやろうなぁ。
その度に、激太りしそうやよ。

女の生き方ガイドブックってないかな?
スポンサーサイト

コメント

難しい時期って・・・ありますよね~~~・・・、
みぃ子も母子家庭だったので
結局は実家に戻って母と住まなくてはいけないのだろうって思ってました。
(兄は失踪中だったので・笑)
でも当時みぃ子も23歳とかで若かったので、
そんなわかりきった未来がつまらなくてしかたなかった。
そんな時母が再婚してくれて、
みぃ子は母にはホントに悪いケド、「これで自由になれる。」って思いましたよ、ほんと。

自分のコトだけ考えられればいいのに、
そしたら自分の責任で済むし。
でも、いつでも心に引っ掛かるのって、家族の問題なんですよねェ。
うんうん
なんだかわかる気がした。

わたしは今まで好き勝手生きてきた。
(というか、今も好き勝手生きているけど)
かろうじて、迷い迷いながら選択してきた道。
それはすべて間違っていないと思える。

人生に「if」は存在しない。
「if」を思う人生は送りたくない。
だから、自分の思うような道に、
時に迷ったら流されるままに。

そうやって生きてきて、これが自分の道と思える。
それが人生なんだと思う。

こじぃさんは自分でアメリカに出て、
自分のやりたいようにやってきたから、
今選ぼうとしている道もそうなんだよ!

がんばろう!進もう、思うままに。

人生はどうせ一回しかないから。
女の生き方も、難しいなぁ。
私もそんなことばっかりよー考えるわ。
多分、どの道選んだって自分次第なんやでな。
どんだけ考えたって未来がわかるわけじゃないし、
でも悩むもんやしなぁ。
みぃこさんへ
本当に、もう、帰国は自分の中でも消化できそうですけど、
将来的にはこっちに戻ってきたいし、ホンマに結婚してほしいです。
この歳になってこんな事言うのは、すごくずるいかもしれないけど、
自由になりたい。
cafelattecatさんへ
正直、自分でどうしたらいいかがわからなくて。
自分の幸せなんて、どっちを選んでも、
しんどいことはあるし、幸せだって見いだせると思う。
だけど、AL君は?母は?って考えると、すごく迷います。
ミサへ
ホンマに。
結局、決めるのは自分やねんよな。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。