スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母から

の贈り物

book.jpg

詩集って感じです。
相田みつをよりか、長いけど、励まされることばいっぱい。

まだ、ちゃんと読んでないけど、
1番初めの詩は


淡々と生きよう

生きていれば
悲しいことも 辛いことも 悔しいことも
逃げ出したいこともあるだろう
ときには詩にたくなる人さえいるだろう

生きるとはそういうこと
いいことは少ないけれど
悪いことだらけ

しかし、心の持ち方次第

苦難を乗り越えて行くぞ
と決めれば 勇気を持てば
どんな問題も 真っ向から対決し解決できる

なぜなら、すべては時間が
解決してくれるから

だから、自らがやるべきことを
一つひとつこなしながら
淡々と生きよう

そうすれば
必ず勝利の人生がまっているから


そうなんよなぁ。。。
って、思わされます。

誰もが気づいてはいるんだろうけど、
改めて思わない言葉が詰まってる1冊って感じ。
スポンサーサイト

ずっと一緒におりたい

注:長いです。そして、暗いです。

このセメスター、心のコントロールができなくなって、
それと共に自分の生活がコントロールできなくなって、
過食に走ったこじぃは、半年前より7キロ増えました。

数字で言えば、大したことないでしょうけど、
こじぃの一生でこんな体重になったことは14歳くらいの時以来なくて、
正直、着れる服も寝間着か、ダボっとしたワンピくらいです。
ジーンズなんて入りません。

体調も、急激な体重増加による重みで動きにくくすごく疲れます。

太れば、自分に自信がなくなり、もっと自分を嫌いになり
そして、人を愛することもできなくなって

この数ヶ月、自分の将来のこと、アル君のこといっぱい考えてます

別れようかと何度も思います

別に、お互いに腹が立つ何かがあるわけでもなく、
ただ、自分の将来を見いだせないあたしが二人の将来を見いだせなくて。

そんな時、彼がそばにいてくれれば、気持ちも和らぐのに
向こうは、車が壊れたり、バイトを始めたりで時間の都合も合わず、
なかなか会えない日々が続いていました。

あたしが会いに行こうにも、向こうは実家住まいで、
今、部屋を追い出されてリビング住まいです。
とてもじゃないが、泊まれない。

あたしが向こうを必要としているときに、
相手は、遥か向こうの二人の将来を一人で見続けているのに
正直、憤りを感じました。

たまに会いに来てくれても、
素直に話すととも、甘えることはもちろん、ちゃんとチューもできない。
もちろん、エッチもできないし、寝るときに向き合っても寝れない。
触れられると振り払ってしまう。
一緒におれば安心するし、情もある。
でも、愛情の表現ができないし、愛情があるかもわからない。
そんなあたしの態度にアル君も戸惑うしかできず。

きっと、また、学校が始まって、ストレスに囲まれて、
過食も加速すれば、同じ気持ちになるんでしょうね。

でも、このままじゃあかんと思って、
久しぶりにバイトも休んで、二人でのんびり1日を過ごしました。
何をするでもなく、買い物に行き、夕ご飯を食べて、
あたしは雑用を、向こうはDSでひたすら遊び。

なんだか、その空間がすごく心地よく感じました。

そんな、ごく普通の日常をあたしたちはいつになったら過ごすことができるんやろうと。

アメリカでは、好き合うなら一緒にいるのが当たり前
愛より大事な物はない

でも、こじぃには、アル君と同じくらい大事なモノがいっぱいあります。

今まで、必死に育てて来てくれた母
1人で生きて行けるくらいのキャリアを手に入れたい気持ち
日本でこじぃを支えてくれる友達

全ては、時が解決してくれるんでしょうけど、
ただ、今この時を一緒に過ごせないのは、正直しんどい。

久しぶりに、相手をしがらみ無くみて、
なんて純粋にあたしを大切に思ってくれてるんやろうって思いました。

2人の将来のために、あたしのために必死で働いてくれてるのもわかってるつもり。

なのに、自分のことで、手いっぱいなあたし。

精一杯の気持ちで答えたいのに、心ない言葉や態度しか表せないあたし。

どうしたら、もう一度自分も相手のこともちゃんと素直に愛せるようになるんかな?

将来じゃなく、今、アル君とずっと一緒におりたい。

卒業おめでとーございます

昨日、こじぃのファイナルも終了し、2週間ほどの夏休みに入りました

その間に引っ越しがあるんで、あんまりゆっくりできないけど

今日は、学校に教科書を売りに行きました。
(日本ではどうかしりませんが、アメリカでは終わった授業の教科書を学校が買い取ってくれます)

6冊持って行って、戻って来たお金は

...



わずか

$17


それで買ったのは、
来週から一緒に暮らすことになったバイト先の先輩の卒業祝いです

grad_bear

$17返って来て、これにかかったのは$16
プラマイゼロですな

明後日の卒業式には、参加できないんですが、これを渡そうと思います



ちょっとずつ

前の日記から、1ヶ月くらい経っちゃいましたね

こじぃの心は、相変わらず、ぐちゃぐちゃしてます。

こじぃ、今まで、本能に任せて生きてきたから、
自分がどうしたいかわからんくなると、
こんなにも、自分自身をコントロールできなくなるんだとびっくりしました。

でも、気がつけば、
アメリカに来てから4年の月日が経っていたんだな思って、日記更新です。

この4年、こじぃは、18から22歳になりました。

彼氏に捨てられたり、
その間、銃で脅されてひったくりにあったり、
途中で逃げ出したいことはいっぱいあったけど、
それでも、4年過ごせたのは、ちょっとびっくりです。

こじぃにとって、アメリカは
心地いいけど、今でも常にチャレンジやし、厳しいとも思う。

アメリカに来てから、
いかに自分が弱いか、いかに周りの人があたしを支えてくれてたか
よぉく気がつかされました。

最近、自分の中で『PUSH』ができなくて、上を向けません。
それに伴うエナジーも出てきません。

でも、それでも、日々は過ぎて行き、あたしも歳を取る。

今日、日本にいるあたしの親友の誕生日で、
久しぶりにまともにメールをして思った。

みんながんばってるし、みんな苦しい。

あたしだけ逃げるなんてできないなぁと。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。