スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう。さようなら。

今夜が、サクラメントの我が家で過ごす最後の夜です

134500017_80d3099bb0_m.jpg


今週は、のんちゃん、Al君の友達たちとパーティしたり、
こっちで仲良しだった日本人の友達と
お世話になったおすし屋さんに出かけたりしました


サンフランって、渋滞が無ければ、車で1時間ちょっとでいける距離。

まだまだ、Al君とも一緒にいるつもりやし、
しょっちゅう戻ってくるつもりですが、

わざわざあたしのためにお別れ会をしてくたのは、すごくうれしかった



今日は、荷造りついでに大掃除をして、

のんちゃんが
『なんか、寂しいなぁ
って言うのを聞いて、胸が熱くなりました

二人とも、干渉しあわないようにしてきたけど、
やっぱり1年間一緒に住んだんは大きいなぁ


サクラメントには、イヤな思い出もいっぱいあるけど、
いろんな心温まる人々に出会い、
ここがあたしにとってアメリカのふるさとになるんかなぁと思います。

134500023_aae068dde1_m.jpg


いつか、サクラメントに戻ってこれる日が来るといいな
スポンサーサイト

泣ける1冊

それはファイナルの真っ只中。
あたしは、アル君の家で号泣していた

それは、アル君とケンカしたわけではなく、
勉強がはかどらなくてストレスが溜まりすぎたわけではなく、
本の世界に入り込みすぎて。

もともと、感情的で、感情移入のしやすいあたし。

この本は、ともかく泣けた。

日本では、映画やドラマになって有名らしいけど、
あたしは、秋に日本に帰る友達に本をもらって初めて読んだ。

それは、一人の男の人と、その母、そのお父さんとの関係。

そう、『東京タワー』オカンとボクと、時々オトン by リリー・フランキー

特別な話じゃなくて、普通のオカンと普通の息子。
んでもって、ちょっと変わったオトン。
でも、だから、泣けて泣けて泣けて

お弁当を作って、上京する息子を見送る母の姿
あたしにおにぎりを渡して、空港であたしの背中を見送る母の姿とかぶり

東京で彼の母が料理を振舞うその姿は
うちにやってくる近所のおっちゃんにコーヒーとおかきを出すあたしのオカンの姿とかぶる。

今だから、わかる。
人に料理を振舞うのがどれだけ優しさにあふれた行為なのか。
オカンは、毎日、365日、優しさを注ぎ続ける。

そして、オカンの死

まだ見えないけれど、絶対に迎え入れなきゃいけないときが来る。

そして、やっぱり、あたしも、ただ、
『ありがとう』と『ごめん』しか、言えないんだろうな

あたしにとって、たった1人の家族で、
たった一人、無条件で愛してくれる人を亡くすのは、どんな気持ちなんだろう。

この本には、彼にとっての母の人生が綴られていたんだと思う。
そして、不器用な父としての気持ちが見え隠れしてもいた。
いろんな気持ちがいりめぐった。

  東京タワー
 qrcode.gif




なんで、今頃こんなことを思ったかと言うと、
母に父から電話が来たらしい。

父は、離婚してからも母と復縁したいと思っているっぽい。

あたしは、母には、もっと素敵な人がいてほしいと思う。
父とではない誰かと、再婚してもらいたい。
母に何かあったとき、頼りになる人がいてほしい。

母は、もう、男と生きる人生はイヤだと言う。

それなら、それでもいい。
母には、母の生きたいように生きてほしい。
母があたしに対してそう思うように。

父に対して、愛情と言うものは余りないかもしれない。
でも、この世に産んでくれたことへの感謝はしている。
彼の弱さには、同情する。


今年、夏に帰るとき、お金を貯めて、
遠出の嫌いな母とは近場の温泉旅行
父とは父の故郷、函館へ旅行に行きたいなと思う

Chin-Chin

よく考えたら、あたしの愛するBabyをこのブログで紹介してなかったような…

ご紹介します。
Chin-Chinです
Chin-Chin2.jpg


野良なので、人によっては毛嫌いする人もいますが、
あたしにとっては愛しいBaby

一緒に寝る日も少なくありません

出会いはアパート内を歩いているときでした

その頃は、小さくて、目がくりくりでめっちゃ可愛くて
えさをあげてもなかなか食べなかったのに

今ではプクプク太って、もう、デブ猫意外の何者でもありません

でもね、今でも可愛い
Chin-Chin3.jpg


あたしが家に帰ってくると、テクテクテクって追いかけてきて
夜なんか、一緒に寝るとめっちゃあったかくて、湯たんぽみたい

学生なので、野良をペットにするような責任は取れないので
引越しに伴いChin-Chinともバイバイですが

もう、寂しくて寂しくて。

ごめんね、Chin-Chin

大嵐!!

カリフォルニアは地中海性気候で安定しているとはいえど、
北部の冬は雨ばっかりです
今年は、雨が少ないなぁと思ってたら
先週の木曜あたりから、大荒れでした

金曜の朝方からもう台風状態で
窓が雨風で、ばったんばったんしてました

その日の朝

うちの近所の交差点はぶっ壊れて、大渋滞発生
うちのネットも、ケーブルもぶっ壊れて、テレビもパソコンも使えない

うちのアパートを出たところも、こんな状態になってました
鉢植えが埋まっている
ちなみに真ん中には、歩道があるんですが、それも埋まっている
CIMG0122.jpg


2年前に日本でもニュースになってますが
実は、サクラメントは洪水の名所
でも、今年は民家が沈んだ話は聞かなかったので、大丈夫ですね

サンタクルズの友達は
土曜に停電して、一日中ろうそくで過ごしたそうです

明けまして

おめでとうございます

振り返り美人図(笑)美人じゃないバージョン
new year 2008


日本に帰れなくても日本の正月気分を味わおうと
浴衣を着てみました
着物を持ってきてないところが残念なんですが…

でも、浴衣も1年以上着てなくて、
帯の結び方がいまいち…汗



大晦日TVを見ながら年越しをして
なんか不思議な気分だった

高校の時から、自分や母のバイトで
友達や家族と年越しすることが無くて
よく考えると、あんなゆっくりした年越しは、ホンマ何年ぶりかなぁと思った

1日もAl君が休みだったから、
友達たちとサンフランに出かけたり、楽しかったかも

クリスマス、けんかとかしてしまったから
大晦日どうしようか迷ってたけど、
大晦日の日中、仕事の休み時間に突然会いに来てくれたから
行ってよかったなぁと思ったり

あたしにも、みんなにも素敵な1年になりますように

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。