スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の生き方

Picture 1
久しぶりに、The Devil wears Pradaを見ました。

ジャーナリズムを勉強して服にみじんも興味のない女の子が、
ファッション業界1と呼ばれる雑誌の編集長のアシスタントになるお話です。

こじぃは、原作を先に読んだので、
初めに映画館で見た時は、なんか細かいとことか省かれてて微妙って思ってんけど。

ではでは、ここから長いので、読みたくない人は、逃げて!!



今、こじぃの人生の分岐点の一つを迎えようとしてて、
ちょっと、考えさせられました。

20代も何年か過ぎ、やっと、人は生きていく上で
何かをあきらめなきゃいけないって言うのに気がついてきたこの頃。

女の子は、誰もが、面する時が来るのかも知れない。
自分のやりたいことと大切な人との将来。
少し妥協すれば、両方手に入れられるのかも。
こじぃは、そんなに器用じゃないけどねぇ。

そもそも、アメリカに来たのだって、ハリウッドで仕事がしたかったから。
今からでも遅くないけどねぇ。

でも、こじぃは、卒業したら日本に帰る事にしましたよ。

正直、半年くらいずっと迷ってたんやけど。
アメリカに残って、チャンスを掴もうとしようか、
サクラメントに戻ってアル君と落ち着いた生活をしようか、
日本に戻って、日本人としての社会人のあり方を学ぼうか。

んで、海外留学生の来年度の新卒採用も締め切り、正直間に合わないし、
このご時世、ワケの分からんメジャーで可能性にかけるのもどうかと思って、
ビザの事もあるし、アル君と結婚する話を進めようとしてたんです。

母には、前々から匂わせてはいたんですが、
あたしと共に育ったいとこができちゃった結婚して、
今、だんなと別居して実家に帰ってき、赤ちゃんが産まれたら速攻出すように
離婚届の用意をしています。
それを見て、母は不安になったっぽい。

『お母さんは、帰ってきて欲しいな』

物心のついた時から、お母さんの言う事なんか、
みじんもきかんとやりたい放題やってきたこじぃ。
中学生後半からは、母は言うても無駄やからと、
意見を言ってくることもありませんでした。
まぁ、それは、こじぃが自分でどうしたいかわかっていたからなのでしょう。

んで、今回。
こじぃは、自分でどうしたいかわからんかった。
アメリカでの就職も、日本での就職もこじぃには未知の世界。
今までで、一番こじぃに尽くしてくれる彼氏は、こじぃに残ってほしいと言っている。
しかし、こじぃは、今、彼と結婚していいのか迷っている。
もちろん、親の離婚を見て育ってきてるから、結婚が幸せいっぱいだとも、1度で済むともみじんも思ってないけど。でも、籍を入れるってのは、こじぃには、めっちゃ大きい事に感じて。

そんな時に、おかんにそのヒトコトを言われたら、もう、帰るしかないでしょう。

今の時点では、アル君は別れる気はないし、
あたしについて日本に来てもいいといってくれてる。
これは、非現実的なので聞かなかった事しときますが。
冬に日本に帰って、アル君とダメになったら、
あたしは、もう2度とアメリカでのチャンスはないかもしれない。
でも、母の思いを無視してこっちに残ったら、罪悪感で、一生涯後悔しそう。

女の生き方ってむずかしいな。
これから、死ぬまでにこういうチョイスがいくつもあるんやろうなぁ。
その度に、激太りしそうやよ。

女の生き方ガイドブックってないかな?
スポンサーサイト

ずっと一緒におりたい

注:長いです。そして、暗いです。

このセメスター、心のコントロールができなくなって、
それと共に自分の生活がコントロールできなくなって、
過食に走ったこじぃは、半年前より7キロ増えました。

数字で言えば、大したことないでしょうけど、
こじぃの一生でこんな体重になったことは14歳くらいの時以来なくて、
正直、着れる服も寝間着か、ダボっとしたワンピくらいです。
ジーンズなんて入りません。

体調も、急激な体重増加による重みで動きにくくすごく疲れます。

太れば、自分に自信がなくなり、もっと自分を嫌いになり
そして、人を愛することもできなくなって

この数ヶ月、自分の将来のこと、アル君のこといっぱい考えてます

別れようかと何度も思います

別に、お互いに腹が立つ何かがあるわけでもなく、
ただ、自分の将来を見いだせないあたしが二人の将来を見いだせなくて。

そんな時、彼がそばにいてくれれば、気持ちも和らぐのに
向こうは、車が壊れたり、バイトを始めたりで時間の都合も合わず、
なかなか会えない日々が続いていました。

あたしが会いに行こうにも、向こうは実家住まいで、
今、部屋を追い出されてリビング住まいです。
とてもじゃないが、泊まれない。

あたしが向こうを必要としているときに、
相手は、遥か向こうの二人の将来を一人で見続けているのに
正直、憤りを感じました。

たまに会いに来てくれても、
素直に話すととも、甘えることはもちろん、ちゃんとチューもできない。
もちろん、エッチもできないし、寝るときに向き合っても寝れない。
触れられると振り払ってしまう。
一緒におれば安心するし、情もある。
でも、愛情の表現ができないし、愛情があるかもわからない。
そんなあたしの態度にアル君も戸惑うしかできず。

きっと、また、学校が始まって、ストレスに囲まれて、
過食も加速すれば、同じ気持ちになるんでしょうね。

でも、このままじゃあかんと思って、
久しぶりにバイトも休んで、二人でのんびり1日を過ごしました。
何をするでもなく、買い物に行き、夕ご飯を食べて、
あたしは雑用を、向こうはDSでひたすら遊び。

なんだか、その空間がすごく心地よく感じました。

そんな、ごく普通の日常をあたしたちはいつになったら過ごすことができるんやろうと。

アメリカでは、好き合うなら一緒にいるのが当たり前
愛より大事な物はない

でも、こじぃには、アル君と同じくらい大事なモノがいっぱいあります。

今まで、必死に育てて来てくれた母
1人で生きて行けるくらいのキャリアを手に入れたい気持ち
日本でこじぃを支えてくれる友達

全ては、時が解決してくれるんでしょうけど、
ただ、今この時を一緒に過ごせないのは、正直しんどい。

久しぶりに、相手をしがらみ無くみて、
なんて純粋にあたしを大切に思ってくれてるんやろうって思いました。

2人の将来のために、あたしのために必死で働いてくれてるのもわかってるつもり。

なのに、自分のことで、手いっぱいなあたし。

精一杯の気持ちで答えたいのに、心ない言葉や態度しか表せないあたし。

どうしたら、もう一度自分も相手のこともちゃんと素直に愛せるようになるんかな?

将来じゃなく、今、アル君とずっと一緒におりたい。

なぜ?

徳井さんおいしすぎ

もう、こんな季節なんですね

こじぃは、いとこと3姉妹のように育てられたんですが、
一番下のいとこが高校卒業します

ちっちゃい手のひらサイズのボールを猫のように追いかけていたYが...
つい1週間ほど前、もう1人のいとこは、入籍したし。

なんか、切ない。

この季節、やたら過去を振り返るのは、こじぃだけでしょうか

中学3年の時に共に卒業した15人。
卒業式に『ずっと変わらない15人でいよう』って、体育館にぶら下げたスローガン。
教室の後ろに、みんなの名前を画鋲で書いていったなぁ。

今年、4大行った友達は、新社会人です。

あい~たい~♪(沢田知可子風)

久しぶりに、一人でゆっくりした休日で、
夕方一人でいると、妙に静かで、実家の夕暮れが恋しくなったこじぃです。

the time going so fast

CIMG0966_convert_20090213024255.jpg
昨日、家に帰るとポストに小包が入っていました

開けてみると、ロスに住んでる友達からでした。

彼らとは、あたしがサクラメントの語学学校に行きだした頃に知り合って、
彼女の方が日本に帰ってからも、仲良くしてもらってました

去年の10月9日、その日の花はほととぎす
花言葉は「永遠にあなたのもの」
日本にいてた、彼女の方が婚姻届けを出したそうです

あたしは、夏に日本で縁結びの神様『地主神社』に行った時に買った
夫婦箸を結婚祝いにあげたんですが、
改めて、彼女(いや、奥さん?)が日本からこっちに来て、
お礼ついでにあめちゃんとか一緒に送ってくれたんです

気がつけば、あたしと彼らが出会ってから、
4年近くが経とうとしてるんやなぁって思って。

あたしには、いろんな人と出会って、いろんなことがあって、
そんな間に、この二人はずっと愛を育んでたんやなぁって思うと、
時が経つのは、本当早いって思いました

今年の目標。

半月遅れになりますが、あけましておめでとうございます

こじぃは、まだ、冬休み真っ只中で、予想外のバイトのシフトの多さに
バイト→サクラメント→バイト
な日々を過ごしてます。

バイトのせいで、アル君とも、あんまりしょっちゅう会えなくて、
少しさびしいです

改めまして、こじぃの今年の目標

①学校の授業を落とさない。
②免許を取る。
③自分のベストの体重に戻す。


とりあえず、明日は免許の筆記受けに行ってきます

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。